The Swordplay

Harapeko生活で日々、思うこと。 (*Oberinは引退しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤と緑と。

Yupaさんのブログで詳細が語られていますので俺の方ではまあテキトーに。

最近何となくskullを1000個集める事にしてMirithの墓で骨とゾンビを斬り倒していたのですが突然赤文字が。
なんかMirith城に集合がかかってます。
俺の心の声:「あー。明日独立記念日だからね。アメリカ人はやる気満々だわな」

てことでMirithのお城へ。
なんかいろいろごちゃごちゃ話してましたがどうやら蜥蜴人どもが軍隊を作って赤龍の屍体からなんかを持ち出したらしい。
07032007-1.jpg

キチガイAlastorを介護するNefを尻目に出発。

俺も本隊でなくて別働隊だったので地下道から回っていったんですが割と普通でした(W
これを見るまでは。Σ(-Д-;) ガーン
07032007-2.jpg

RB...
しかも何だよこの数。orz
正直RBがでるのは予想してましたがまさかここまで大規模に出すとは・・・
と、言う事でガクブルしながら入り口へ向かいます。
本隊は既に戦闘に入っている模様。
07032007-3.jpg

入り口に落ちていた赤龍の屍体を見ながら中へ。

07032007-4.jpg

07032007-5.jpg


・・・鬼。
入り口が人で塞がってしまったので何も出来ない俺。(W
そしてラグが激しく注意していてもRBにかまれてしまいます。
剣神Hayateさんが死亡した時点で正直もうダメかもしれんと思いました。
何しろ俺のRB装備はRoLBのみ。そしてラグが激しい時にはRoLBは高確立でスカると言う恐るべき事実。
ARが30台まで落ちてさすがにLPRからMPRに交換しました。マジでヤバかった・・・。
07032007-6.jpg

それでもまあなんとか鍛冶場を占拠し、さあ、箱部屋だ!と思ったら玉座を攻めるどーという指示。まあそりゃそうか。いつもとは違うわけで。
ちなみに鍛冶場で修理一番乗りしたのは俺です。ソッコーで全修理して戦線復帰するつもりが壊れすぎててなかなか修理が終わらず、なんかちょっとせこく見えたかも(w
だって鎧無くなったらこの場にいる意味さえ無くなっちゃうんだもん。

ほんで玉座方面へ。
07032007-7.jpg

07032007-8.jpg

07032007-9.jpg

相変わらずRBが凶悪でしたが思ったよりスムーズに進めました。
でも玉座にも脇の部屋にもこれといったお宝はなし・・・。
みんながクエスチョンマークを浮かべながら入り口に戻ると
07032007-10.jpg

Σ(-Д-;) ガーン
入り口が塞がれとるがな!罠やがな!
そして・・・
07032007-11.jpg

黒龍キター!
黒龍は意外と軽い口を開いて何事か云いはじめます。
(Black Dragon): Ah.. The worms.
虫けらどもよ。
(Black Dragon): I thought Lizards took our Key... But I should have known better.
わしは蜥蜴どもが我らが鍵を持ち去ったと思っておったのだが・・・もう少し詳しく知る必要があるな。
(Gerik): You dare to call us worms?!?!?
虫けらだと?(オイオイ)
(Ike): you will die for those words black dragon
そんな事抜かしやがると死ぬのはてめぇの方だぜ黒龍さんよぉ。(やめろって)
(Gerik): Yes
そうだそうだ
(Solumn): can we talke to him?
ヤツとは話せるのかな?
(Stryker): We donn't have the key Mr. Dragon -san.
ぼ、僕ら鍵なんて持ってないですよ、ドラゴンさん。(うん、戦っても勝てそうにないしね)
(Black Dragon): Do you realize you are only dooming yourselves?
貴様は自らの運命を口にしたと気付かぬか?(うわ~~。怒ってる~。ガクブル)

(Danaan): Don't insult him, fools!
バカ、刺激すんなアホ。(そうだそうだ)

(Gerik): I shall drink your blood for that dragon
てめえの血ぃ飲んだるぞゴルァ!(もうヤメれ)

(Danaan): Gerik, watch your tongue
Gerik、お前もう黙れ。(全くだ)


そしてこの後、かつてないほどの凶悪なラグが発生。プレイヤー側は一生懸命陣形を整えようとするんですが会話を発信して30秒後にやっと表示されるという有様で全く整わず。
(Lenard): Tsu, fallow me
(Srayzer): hayate, come to front
(Shua): I wish I had a Invisibility Field...
(Helena): let me out

それでも取りあえず剣神疾風さんを前の方に呼びます。でもなかなか来れない。

(Black Dragon): Do you realize you will never even get a glimpse at our treasures?
我らの宝を得たとて貴様らには例え一瞬たりとて持つ事など叶わぬと知らぬか?
(Black Dragon): Do you realize...
(Black Dragon): You will not even leave this fort alive?
この砦を生きてでられると思わぬ事だ。

(Stryker): Do we have the key?
誰か鍵なんて持ってるか?
(Danaan): I think we have a misunderstanding of intent, Dragon
あのー。僕らなんか勘違いしてたっぽいんすよ、ドラゴンさん。
(Solumn): We're just trying to help, Black Dragon?
お手伝いしようとしてただけで・・・

(Black Dragon): I could trade your miserable life for the Key, but I am sure you would refuse.
無論貴様らの惨めったらしい命と鍵を交換する事は可能だ。しかし貴様らは諾とは言うまい。
(Black Dragon): I will just let my children feed on you.
我が子らを残すゆえ、その食餌となるが良かろう。


ろくに話もしないまま交渉決裂。
GM側も重過ぎて交渉を断念した模様(W
07032007-12.jpg

で、この先は必死だったもんで画像はこれで最後です。(-_-;
火が消えて、赤と緑のドラゴンと青いDracoが襲って来ました。たぶん青の親も居たんじゃないかと思うけど結局画面内には現れず。さすがに手加減した模様。
俺はさしあたりco2匹にタゲされてHayate氏と一緒に斬り易いところから処分。
この画像の後Gerikが殺され、coを倒したばかりの俺にRed Dragonのタゲが。
(緑はいつの間にか消えてた)
MPR + LPRでなんとか耐えながら、「俺後ろに下がるぞー」と何度も叫んで道をあけてもらい、ゆっくり真後ろに下がって入り口付近までDragonをおびき寄せ、後は他のメンバーに任せました。(ていうか斬りに行こうと思ってももう場所がなかった。w)
そんで、その後も結局鍵らしきものはでず、黒龍と斬り合う事もなく。
Mirithで400expもらって終了。
比較的平和に幕を閉じました。

しかしRBは狭いところで集団で出されるとホントキビシい。
今回のRB装備のRoLBは+10から一気に+1まで減りました。
初めて使ったけどラグさえなければかなりいいかもね。まあ普通は使わないけどさ。
RoLHの方が絶対使い勝手がいい。
象牙Qの景品変更希望。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://srayzer.blog10.fc2.com/tb.php/166-49555ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Srayzer

  • Author:Srayzer
  • 剣聖となる日を夢見つつも現実に追われ、実態はごくごく平均的な剣士。

    クールなキャラに・・・なれるかなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。