The Swordplay

Harapeko生活で日々、思うこと。 (*Oberinは引退しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Varianの伝記その4

もう少し続けまふ。(;´Д`A ```


王の帰還その1
Stormwindの門から堂々と入城しようとしたLo’GoshはKatrana Prestor直属のMarcus Jonathan将軍から制止された。彼女から彼らを裏切り者として直ちに逮捕し処刑するようにと命ぜられていたからである。しかし、かつてTuralyonの下で同僚であったWindsorの説得により、Marcusの忠誠心をかつてのようにStormwindの方へ向けさせることに成功した。

Katrana Prestorは慌てて兵を集めたが偽Varianは彼女が兵の指揮権もStormwindの支配権も持っていないことを告げた。
Stormwindの城内に入ったLo’Goshは彼女を真の名で呼びながら高らかに宣言した。
「仮面舞踏会はおしまいだ。Onyxia!」


彼女が龍としての真の姿を見せ始めるのに合わせて取り巻きの衛兵たちが龍人Dragonspawnへと姿を変え、Stormwind城の大広間でVarian一行の死闘が始まった。Anduinを連れたBolvar Fordragonが到着したことで形勢は有利となったが、直後にReginald WindsorはOnyxiaによって殺されてしまった。


Lo’Goshは彼のドッペルゲンガーに会うと、彼の王国を脅かし、ほぼThandol Span大橋を建設するのにかかった費用に匹敵する損害を与えたことを責めた。一方でドッペルゲンガーの方は彼はOnyxiaの魔法にかけられて操られていただけで、それからほぼ脱しかけていたと反論した。Anduinは二人のVarianを見て驚いたが、真の敵Onyxiaの脅威に立ち向かうのが先だと二人を諫めようとした。その隙をついて巨龍OnyxiaがAnduinを搦め捕るや、Varianが後を追ってくるのを承知で彼女の隠れ家へテレポートした。息子を奪われたことを悲しむ間も惜しんでVarianは友人たちを再び集め、告げた。
「Onyxiaの隠れ家でこの戦いを終わらせるぞ。」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://srayzer.blog10.fc2.com/tb.php/261-151f5857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Srayzer

  • Author:Srayzer
  • 剣聖となる日を夢見つつも現実に追われ、実態はごくごく平均的な剣士。

    クールなキャラに・・・なれるかなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。